映画

フロッグ

フロッグ

これは自分好みのサスペンス映画で、かなり面白かったですね。

パッケージ画像からすると、漫画原作の映画『ミュージアム』を思い浮かべた方も多いと思いますが、こちらはかなり趣向が違っていますね(良い意味で)。猟奇的なシーンは皆無で、そこまで怖くもないので、『ミュージアム』みたいだと思って敬遠してた方にこそ、本作を強くオススメします。

原題は「I SEE YOU」なんですが、めずらしく邦題の方がセンスいいですね。ミスリードとしても、二重の意味としても機能してるので。

色々とネタバレ厳禁な作品可と思いますので、予告編どころか、パッケージに書いてある煽り文句すら見ないで手にした方がいいでしょう。

クリックでネタバレ感想を表示
かなりの傑作ですけれど、あえていうなら予告編などで「45分」の件を述べてたのは、無いほうがより良かった気がします。まぁこれは作品本編のせいじゃないと思いますが。

面白いらしいとだけ聞いて、GEOで手にしてみたらパッケージのあの文言に気づいてしまいました。普通にしてたら絶対に目につくと思うので、小説に限らず映画でもこのような対策を取るべきでした……

ネタバレ回避

そんなわけで、どうしても45分前後という時間を意識し、構えて見てしまいました。これすら知らないほうがより楽しめたとは思いますが、結局なにのことかわからず、そのあたりで「何がくる?何がくる?」って思ってただけなのでそこまで被害なかったですけれど、そういう防御姿勢なしにいきなりあの展開が始まったほうが、より衝撃度は高かったかな、と感じました。

全体的に構成がしっかりしてて、ミステリー小説で真相をしったあと、世界の裏側を歩いているような心境を味わえて満喫できました。映画でいえば『カメラを止めるな!』みたいな再鑑賞を楽しめる感じですね。同じシーンでも、そこに含まれた意味をあとから知る、じわじわとくる衝撃。

緑のナイフがカエルっぽいので、フロッグという殺人犯の持ち物だろうという先入観をもたせつつ、息子が手足を縛られた時に刺さってる緑のナイフが実はこの家に最初から置いてあった点から、早めに真相に気づいた人も居るのではないでしょうか。

細かい伏線の仕込みが多いので、鑑賞後はこちらのサイトの考察をオススメしておきます。読み応え抜群です。

伏線回収の妙味を味わえる傑作なので、ありとあらゆる前情報なしの鑑賞を推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました