小説

夜のピクニック

夜のピクニック(新潮文庫)

夜のピクニック(新潮文庫)

恩田 陸
新潮社
2006-09-07

全国の書店店員が選ぶオススメ本の第一位、ということで気になってました。実際に中身を読んでみると、大変上質な青春小説でした。実にみずみずしい。
恩田氏の今までの作風のような幻想的な舞台などは全くなく、普通の高校生の遠足でのやりとりを描いているだけと言えなくもないんですが、だからこそ魅力的な作品に仕上げるのは地力が問われるところだろうと思われます。
子供と大人の間の年齢の人間、というのを実にうまく描いていると思います。甘いも酸いも混じった、感情の揺るぎ合いとでも言おうか。これを読んでると、自分は年をとってしまったのだなぁという感慨深さを感じつつも、だからこそ彼らが眩く見えるんだろうなぁと思うのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました