PS5

PlayStation5を購入

PS5

PlayStation5(以降PS5様と表記)はあまりの品薄ゆえ「もしかしたら本当は発売されたというのは嘘なのでは?」と思ってたんですけれど、幸運にも入手できました! 

この記事では入手の流れ、初期セットアップなどについて書いてみますが、全ての具体的な手順は書かず、個人的に気になった点だけ触れてますので、ご了承ください。

博多ヨドバシにて入手

博多ヨドバシにて、2021年1月23日(土)の朝9時半に入店して購入しました。東口(博多駅の反対側)には看板がなかったんですが、西口(博多駅側)にだけ在庫ありの看板が出ていました。

東口には看板なし
東口には看板なし

同じ時間帯でも西口には看板あり
西口

前に並んでた方の話によりますと、朝8時50分台だと西口でも看板がなくて、朝9時過ぎになったら西口に看板が出てて、人が少し居たので並んだとのことでした。今後も必ずこうなるとは限らないかもしれませんが、朝9時に西口を確認した方が無難と感じます。

購入の注意
購入に際して

この画像にありますように、黒カード(クレカ)必須とのことでした。その場でクレカ申し込んでもらえる仮カード(いわゆる白カード)では不可とのこと。なお博多店では購入金額縛りまではなく、この日は30台入荷とのこと(ディスク有・無での合計だったかは確認とれてません)。

特定の店舗では、ヨドバシ実店舗(複数店舗の合算)で事前に20万円以上購入しているのが条件、というところもあるようですね。自分はヨドバシで白物家電とかよく買ってるので、博多店でその条件あっても大丈夫そうでしたが、これだと学生がクレカなくて買えなくて可愛そうですね。しかし先日の秋葉原ヨドバシでの騒動を見る限り、しばらくはこういった形式での販売をするのが無難に感じます。

店員さんにお話を聞いたところ、今後も不定期にこういった形での販売をするそうです。転売防止の為、こういった形になってしまい申し訳ないと言われていました。本体だけでは大した利益にならず、ソフト売るために本体を普及させる必要もあるとはいえ、店舗側は転売対策で大変だなぁと思いました。

列に並んで10分もしないうちに朝9時半になり、店員さんに誘導されて店内に入り、すぐに購入できました。レジでは溜まってたポイント使いますかと聞かれたので、クレカで全額ではなくポイント併用でもいけるようですね。

事前には聞いてましたが、実際に目の前で見るとかなり大きいです。自転車のカゴに収まりきらなかったので、ナナメに入れざるをえませんでした。PS5様を持ち帰るまでが遠足ですので、みなさんも購入の際は無事に持ち帰るようにしてくださいネ!

カゴに入らない
カゴに入らない

普段の二倍くらいの時間をかけて自転車で慎重に運び、帰宅して箱を置いてみましたが、4.5畳の自室だと尚更に存在感がありまくりです。

デカァァァァァいッ説明不要!!(ダブルミーニング)
PS5

あとで箱を開けた時、まみりんに
「え、これ偽物じゃないの?」とか
「ポリーステーションとか書いてない?」とか
「これって変な形してるけど、自転車で運んで壊れてるんじゃない?」とか
言われましたが、相変わらずの平常運転だな~とむしろ安心感さえ覚えました(20年以上も一緒に居るので、何かが色々と麻痺してるのかも)。

PS5様をどこに置くべきか

さて箱を開けようか、と思って困りました。この狭い部屋には、このままだとPS5様を置けるスペースがありません。普段はスチールラックにゲーム機を縦方向に重なる感じで置いてるんですが、まさか買えると思ってなかったので、このままではどこにも置けません。

置き場所が見当たらない
場所がない

外箱に書いてある「かつてないゲーム体験」とは、ゲーム機をどこに置くのか悩むという体験だった……?!

買えると信じて事前にスペースを用意してても良いかと思います。買えない間は虚しい空間になるのとトレードオフですけれど……

さて困りました。とりあえず動作確認のために地べたに置こうかとも考えましたが、息子が壊す未来しか見えてきません。あとからまた設置しなおしになるのも面倒なので、自宅内をいろいろ見回しましたが、リアルにため息がでました。

箱1

箱2

箱3

問:なんで我が家にはこんなにゲーム機の箱がたくさんありますか?

答:たくさんゲーム機を買ったから(FA)。

このままだとどうしようもありません。箱の中に箱をしまう作戦を教えていただきましたが、そうするためにはまず、物を置くために物を移動させないといけません。しかし移動先がありません。15パズル状態です。十字キーの下を押したいっ!(あつ森) その昔、妻と息子がゼルブレにハマってた時、妻が屋外で建物を指差しながら「パラセールで降りれそうだよね」「うん」と話してたのを見て「ダメだこいつら、なんとかしないと……」と思いましたが、自分も人のことは言えないゲーム脳でした。

しばらく考えた挙げ句、ゲームソフト類を本棚に移動させることにしました。最近は電子書籍に移行してて、めったなことでは紙書籍を買わなくなってきてることもあり、そこは何とかなりました。

本棚1

本棚2

これでようやくPS4本体の上に、PS5様を置くスペースができました(ここまでで1時間経過)

空いたスペース

いよいよ開封の儀

ようやく開封の儀、開始です。

気のせいか、箱もAPPLE製品みたいな高級感ありますね。

開封1

開封2

開封3

付属品はこんな感じです。右下の丸くて黒いのがベースと言われる部品です。

付属品

PS4を購入したときは、本気で電源の入れ方が分からなかった事もあり、今回はちゃんと説明書を見るぞ!と思いつつ、とりあえずはガーディアンアミーボと本体を記念撮影。いままで大きいと思ってたガーディアンアミーボが小さく見えます。

ガーディアンが小さく見える

あとから気づきましたが、この時点で本体の上下を間違えてます。ディスクドライブが下になるのが正解ですね。こうならないように、説明書はちゃんと見ましょう!(力説)

なおそのまま設置して黒くて丸い部品(ベース)が余って?となりました。実は横置きでもベースをつける必要があるので、こうならないように、説明書はちゃんと見ましょう!(強調)

説明書

こうして何度かやり直ししたあとで、ようやく仮設置完了!
 
ここまでで2時間経過(なぜ?)
仮設置完了

このあとでLANケーブル買いに行って、また設置しなおしになったりして面倒でした。事前にある程度は必要なものがないか考えてから、落ち着いて設置した方がいいかと思います。まぁこの日はまさかPS5を買えると思ってなかったし、重い本体持ち帰るだけで精一杯だったので仕方ないですかね……

なお外箱はとりあえず部屋の外に置きました。いつか本格的に箱の整理をしないと……

外箱

いよいよ電源オン

まさか箱を開けて本体置くだけで2時間もたつと思ってませんでしたが、ようやく電源ボタンを押すことができました。

電源オン

基本的には画面に出てる指示のとおりに進めばいいと思います。バツボタンと丸ボタンがPS4と入れ替わってるのが慣れないですが、PS4でバツボタンを決定にするオプションがあるので、今のうちから慣れてた方がいいですね。

PS4の設定画面

一箇所だけ慌てたのが、メディアアプリのダウンロード時です。

メディアアプリ

この画面から「ダウンロード」「あとで」のいづれを押そうとしても非活性になって先に進めませんでした。しばらくしたら自動的に画面が切り替わって驚いたんですが、どうもチェックを付けてしまうと背後でダウンロード開始されて、それが終わるまでは何もできなかったのでは、と思います。チェックを一切つけずに「あとで」を押して先に進み、ホーム画面に行ってから個別ダウンロードした方が、心臓に悪くない気がしました。初期不良かと思ってかなり慌てましたね……

なお初期セットアップの最中に、ゲームディスクを入れてインストールも並行して進められます。PS5様にいれる記念すべき最初のディスクですが、こちらにしてみました。

ルートレター

ホーム画面まで無事、たどり着けました。

ホーム画面

無料で『アストロプレイルーム』というゲームがインストールされてるので、まずはこちらを遊んでみるとPS5の凄さがわかる……かもしれません(色々あって、実は未だに未プレイ)。

なお先程インストールしておいた『ルートレターLA』ですが、ホーム画面が出る頃にはインストールも終わっていて、PS4のゲームではあるものの、普通にPS5様でも遊ぶことができて、噂通りの互換性の高さを実感しました。

トロコン済

音響効果が凄い

とりあえず『バイオ8』こと『バイオハザード ヴィレッジ』の体験版である『MAIDEN』を、ワイヤレスサラウンドヘッドセットで15分ほど遊んでみました。

こちらのヘッドホンはPS4用に買ったのですが、PS5でも使えます。Bluetoothではなく、USBドングル(リンク先ではUSBアダプターと表記)接続なので、PS5様では特に再設定などは不要です。

この体験版ですけれど、PS4の『バイオ7』よりも画像のきめ細やかさが凄いですね。残念ながらPSVR対応と記載がないのですが、その代わりにこれだけの粒度のある絵作りを実現したのかもしれません。光源とかのリアルさが素晴らしい。

バイオ8

バイオ8

バイオ8

バイオ8

とはいえ『バイオ7』のときは全編PSVRで遊んで、本気で漏らすかと思うくらい恐ろしく、没入感が凄まじかったんですよね。後日PSVR2の目玉ソフトとして、VR対応したバージョンを発売してくれたら嬉しいです。

画像だと伝わりませんが、実は一番すごいと思ったのが音響効果です。ヘッドホンで遊ぶと、物音がする方向や距離まで直感的に分かるので、暗闇の中で自分の足音すら恐ろしく感じつつ進む感触が、ホラーゲームファンにはたまりませんね。これは絶対買います。

本当は『PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット』を使いたいのですが、定価1万円程度なのに転売価格ばかりで困りました。転売価格で買うのはテロ組織に資金援助してるようなものですから、絶対に定価で買うつもりです。

そんなわけで『バイオ8』に間に合うか微妙ですね……むしろPS5本体よりもこっち買うのが難しいかもしれないですけれど、気長に探し続けてみます。

PS5を満喫する日々の始まり(主に息子が)

本体設置したあと、我に返って、まだPS5のソフトを一本も買ってないことを思い出しました。

まぁここは無難にスパイダーマンでしょう!と思い、本作のPS4版も持ってなかったので、せっかくだからデラックスエディッションにしてみました。

せっかくだから俺はこの赤いスパイダーマンを選ぶぜ!(赤くない)

最初にロゴ表示などのデモは入りますが、10秒くらいですぐにゲームが始まるのは、この手のオープンワールド系ゲームとしては革命的ですね。蜘蛛の糸を使って、ビルの合間をすいすい移動するのが心地よいです。

するとそれを見てた息子が遊びたいと言い出しました。思えば昔『スパイダーバース』を映画館で見に行ったこともあったので、興味を持ちやすかったのかもしれません。

座椅子で優雅にPS5様を遊ぶ息子
座椅子で優雅にPS5を遊ぶ息子

まぁ操作難しそうだし、すぐに飽きるでしょ……そう思ってた時期もありました。

そしてその後、去年の6月から息子が毎日遊んでた『あつまれどうぶつの森』に見向きもせず、毎日PS5様で遊び続ける息子のため、コントローラー類は息子が取れる位置に設置し、毎朝布団を畳んでは息子のために座椅子をセッティングしなおす日々が始まりました。

コントローラー集結
コントローラー集結

朝は座椅子をセッティングするのが日課です
座椅子をセッティング

息子とセーブデータ別にして、うっかりストアで買い物しないように、息子用の子供アカウントも用意して、PS5様の電源付けたら息子のホーム画面が出るようにしました。ついでにPS4本体にも息子用ユーザを追加して、テーマも設定しておきました。

スパイダーバース

スパイダーバース

そういえばPS5様ではテーマとか無いんですよね。ちなみにパパのPS4でのホーム画面はこんな感じにして、起動した途端に誰の画面なのか即座に分かるようにしてます。

パパのホーム画面

ここまでやればもう息子も満足かと思ってたんですが、ミルクを飲んだ子猫は水を飲まなくなるものです。スリープ解除してすぐに前日の続きをしたいみたいで、息子が寝てる間にパパがPS5様を触ることも許可してくれません。だから同梱されてた『アストロプレイルーム』も未だにプレイしていません。

パパが一生懸命買ってきて設置したPS5様を、なんの苦労もなく優雅に楽しむ息子、なんて贅沢なんでしょうか……

ひとまずは『バイオ8』発売される5月までに、息子が『スパイダーマン』に飽きてくれるのを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました